0
HELP

2017年に消費とブランドをテーマにしたブランディング先行型の実験的なプロジェクトとして生まれたホルトコーヒー。通常のデザインフロウとは異なる出発点で、ブランドを成功させるための新しい道筋を探すべく、将来的な実店舗化を目的としたコーヒーのない架空のコーヒーショップとしてスタート。コーヒーも店舗もない状態から先にコーヒーのCをベースとしたロゴ、タイプフェイス、オフィシャルサイトを制作。本格的なブランディングを行い、さらにはTシャツやエスプレッソパーツとのコラボレーションラテカップなどの商品を開発しサイトで販売した。